一般社団法人

九州地方計画協会

  • 文字サイズ
  • 背景色

一般社団法人

九州地方計画協会

  •                                        

平成29年度 公益支援事業報告書(調査・研究活動)

目     次

1  嘉瀬川におけるダム群を利用した治水適応策に関する研究

佐賀大学 大学院工学系研究科都市工学専攻

准教授 押川 英夫

2  ダムからの栄養塩供給による能動的水質管理に関する基礎的研究

佐賀大学 大学院工学系研究科都市工学専攻

講師 三嶋 悠一郎

3  自作水中観測ロボットを用いた大分県内ダムの環境保全調査

日本文理大学 大学院航空電子機械工学科専攻

工学部 機械電気工学科

准教授 稲川 直裕

4  水質モデルの活用による嘉瀬川ダムの水質管理に関する研究

佐賀大学 大学院工学系研究科都市工学専攻

准教授 Vongthanasunthorn Narumol

5  人工的流量変動を伴うダム放流が河川環境に及ぼす影響

福岡大学工学部 社会デザイン工学科

准教授 橋本 彰博

6  ダム再開発事業が大鶴湖の水質・底質環境へもたらす影響の解明

鹿児島大学学術研究員 理工学研究域 工学系

教授 安達 貴治

上の記事には似た記事があります

すべて表示

カテゴリ一覧