一般社団法人

九州地方計画協会

  • 文字サイズ
  • 背景色

一般社団法人

九州地方計画協会

  •                                        
九州技報 第41号 グラビア

赤松谷川1,4,7号床固工平成18度年完成(長崎県南島原市深江町戊地先)

水無川水系の支川赤松谷川では土砂流路及び河床の固定を目的として床固工群が計画されており、平成18年度には基幹となる1号、4号、7号の3基が完成しました。これらは溶岩ドーム崩落による危険性が高い警戒区域内に位置するため、安全な場所から建設機械を遠隔操作する「無人化施工」によって建設されたものです。 本年度は、最上流部の10号床固工に着工する予定です。

(九州地方整備局 河川部提供)

 

上の記事には似た記事があります

すべて表示

カテゴリ一覧