一般社団法人

九州地方計画協会

  • 文字サイズ
  • 背景色

一般社団法人

九州地方計画協会

  •                                        
九州技報 第41号 グラビア

一般国道201号飯塚庄内田川バイパス 平成19年3月24日供用延伸(暫定2車線)(飯塚市鶴三緒~飯塚市有安 L=3.3km)

一般国道201号飯塚庄内田川バイパスは、昭和56年度に事業着手し平成3年度より工事を進めてきました。平成15年度までに一般有料道路八木山バイパス(西日本高速道路株式会社管理)と接続する起点の飯塚市弁分から飯塚市鶴三緒の国道211号までの延長約2.9kmについて部分開通(暫定2車線)を行いました。
 今回、飯塚市鶴三緒(国道211号)から飯塚市有安(県道口ノ原稲築線)までのL=3.3kmを供用延伸(暫定2車線)いたしました。
 引き続き、飯塚市有安から田川市弓削田までの延長約3.5km(烏尾トンネル(仮称) L=1.53km含む)について、平成20年度全線開通(暫定2車線)を目標に鋭意工事を進めていきます。

(九州地方整備局 北九州国道事務所提供)

飯塚市上三緒(行橋側から福岡側を望む) 

飯塚市有安 有安1号橋付近(行橋側から福岡側を望む)

上の記事には似た記事があります

すべて表示

カテゴリ一覧