トップ  >  第65号 2019.09  >  トピックス  >  阿蘇山における直轄砂防工事の概要 ~阿蘇山直轄砂防事業初の工事に着手~

阿蘇山における直轄砂防工事の概要

~阿蘇山直轄砂防事業初の工事に着手~


山 上 直 人


キーワード:直轄砂防、火山砂防、阿蘇

1.はじめに
平成30 年度より事業化さたれ阿蘇山直轄砂防事業において、阿蘇市西湯浦地区、同市一の宮町手野地区で、直轄砂防事業として初めての砂防堰堤の建設に着手しました。
これを機に「阿蘇山直轄砂防事業着手式」を開催しましたので工事概要と併せて報告します。


2.事業概要
急な崖がつらなる阿蘇外輪山は、火山噴出物からなる脆い地質で形成されており、熊本地震やその後の降雨により、崩落や土石流が多数発生しました。渓流には大きな岩や土砂が堆積し、豪雨などによって、土石流化する危険性が指摘されています。
土石流が発生すれば、カルデラ壁の麓の集落や道路に土砂がおよび、地域の暮らしに甚大な被害が生じます。また、河川への土砂流出は、浸水範囲を拡大し、生活の糧である農業、観光産業への長期的な影響を及ぼします。
阿蘇カルデラ内における砂防事業はこれまで、熊本県により行われてきましたが、平成24 年九州北部豪雨、平成28 年熊本地震など、近年の度重なる土砂災害を背景に、抜本的な土砂災害対策を行うため、直轄事業化されました。
本事業では、熊本地震で影響を受けた黒川上流地区、下流地区、中央火口丘西部地区に加え、宮崎方面へのアクセスルートを抱える高森地区において、砂防堰堤による集中的な土砂災害対策を実施していく予定です。
以下に本事業の概要と、今回着手した2 工事の概要を記載します。


<事業概要>
事業期間:2018 年度~ 2027 年度(10 年間)
総事業費:150 億円
整備内容:砂防堰堤等25 施設程度
対象地区:黒川上流地区、黒川下流地区、中央火口丘西部地区、高森地区

<工事概要①>
工事名:西湯浦川1 砂防堰堤設置工事
発注者:九州地方整備局熊本復興事務所
施工者:㈱杉本建設
施工地:阿蘇市西湯浦
工 期:2019 年10 月(予定)
内 容:掘削工 約13,000m3
(堰堤全体概要:砂防ソイルセメント 堤高約14.5m 堤長約440m)

<工事概要②>
工事名:盤名木川砂防堰堤設置工事
発注者:九州地方整備局熊本復興事務所
施工者:㈱森工業
施工地:阿蘇市一の宮手野
工 期:2019 年10 月(予定)
内 容:掘削工 約21,000m3
     砂防ソイルセメント工 約3,000m3
(堰堤全体概要:砂防ソイルセメント 堤高約14m 堤長約120m)


3.式典
着手式の開催にあたりコンセプトを設定し、副題を「語り継ごう!阿蘇ものがたり」としました。これには、「度重なる災害に見舞われてきた阿蘇の経験を思い起こし、災害に対する事前の備え・インフラ整備の大切さを、地元、関係機関の方々と改めて認識共有する」という想いが込められています。地域から沢山のご協力を頂きながら、コンセプトに沿って、以下のとおり式典を開催しました。

【阿蘇山直轄砂防着手式~語り継ごう!阿蘇ものがたり】
◇開催日時 平成31 年3 月10 日
◇開催場所 阿蘇市立阿蘇体育館(阿蘇市内牧)
◇参加者 国会議員、阿蘇市長、南阿蘇村長、県議会議員、市町村議会議員、行政関係機関、地元区長、地権者、地元高校生徒・保護者等 計約200 名
◇内容
・阿蘇中央高校書道部による書吟「負けんばい!たぎる火の国の底力で ふるさとよ 蘇れ 再興の阿蘇ものがたりを 希望に満ちた未来へつなげ」
・映像「阿蘇の発展と災害の歴史をふり返る」
・事業概要説明(CG による事業・工事概要説明)
・応援ビデオメッセージ放映(地元区長、農畜産業経営者、温泉観光旅館協同組合)
・阿蘇中央高校科学部による研究発表 「阿蘇の地形と防災について」
・阿蘇少年少女合唱団による合唱 「阿蘇ものがたり」(阿蘇市テーマソング)
・鍬入れ・くす玉開披(背景に書道作品を掲示)
・阿蘇地域婦人会による郷土料のおもてなし
・阿蘇写友会による阿蘇の四季折々の写真掲示
・国交省、熊本県、気象台、ジオパークによるポスター展示





4.おわりに
地域から沢山の期待の声を頂くなか、関係者のご協力、ご尽力のおかげさまで、直轄砂防工事に着手することが出来ました。着手式典では、直轄事業の技術力や、当事業が地域へもたらすメリットを十分にお伝えできたのではないかと思います。
また、式典開催にご協力いただいた各団体からは「参加出来て良かった、ありがとう」という言葉を頂きました。今回の式典を良いきっかけにして、地域一丸となって事業を推進していくべく、地域や関係機関との良好な関係を構築していきたいと思います。
阿蘇山直轄砂防事業では、阿蘇のかけがえのない財産を守り、阿蘇に住む方々にとっても、阿蘇の地を訪れる方々にとっても、安全に安心して過ごせる地域の実現に取り組んで参ります。引き続き、よろしくお願いいたします。


プリンタ用画面
前
球磨川自然再生事業(遙拝)の完成 ~八の字の形状復元と瀬の再生~
カテゴリートップ
トピックス
次
九州中央自動車道の開通効果と今後への期待

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

かわ情報


九州 川の情報室

みち情報


道守九州会議


九州風景街道


九州の道の駅