トップ  >  第49号 2011.07  >  論文  >  『奄美地方における集中豪雨災害』時の大和ダムの効果

『奄美地方における集中豪雨災害』時の大和ダムの効果


新 田 福 美

松 園 博 文


キーワード:大和ダム、奄美豪雨、洪水調節

1.はじめに
大和ダムのある奄美大島は、鹿児島県の南方380㎞、沖縄県の北方300㎞に位置し、人口6.7万人、面積821㎞2の島である。島内には、恐竜時代から現代まで生き残ったとされるヒカゲヘゴやソテツといった熱帯雨林が生い茂り、また、エメラルドグリーンに輝く海には珊瑚が広がり、さらに、日本最大級のマングローブ原生林を有し、その山中には、天然記念物に指定されているアマミノクロウサギやルリカケスなどの希少動植物が多数棲息することから「東洋のガラパゴス」とも呼ばれる。
大和ダムは、こういった自然に恵まれた奄美大島の大和村の二級河川大和川水系三田川上流に、洪水調節及び河川環境の保全、利水を目的として鹿児島県と大和村が共同で平成19年に建設した多目的ダムである。

本稿では、近年の「ダム事業の見直し」や「ダム不要論」、「脱ダム宣言」等が取り沙汰される中、供用開始から4年目にして、【平成22年10月の奄美地方における集中豪雨災害】において、最大限の治水効果を発揮したことから、その効果や周囲からの評価について紹介する。


2.ダムの概要
(1)目的
【洪水調節】
30年に1回の雨が降った時、ダム地点で最大54m3/sの洪水が流下するが、ダムにより42m3/s抑制し、12m3/sの洪水を下流に流下させる。

【河川環境の保全】
河川環境を保全するために必要な水量を川に流し、安定した川の姿を創出する。
【水道用水】
水道用水として新たに75m3/日の取水を可能にする。

(2)全体事業費等
・事業年度 平成2年~平成19年
・事業費   7,065百万円

(3)諸元
【ダム諸元】
・型  式  重力式コンクリートダム
(ゲートレスダム)
・堤  高  45.0m
・堤頂長  90.0m
・堤体積  49,000m3

【貯水池諸元】
・集水面積   2.08㎞2
・湛水面積   0.067㎞2
・総貯水容量  784,000m3
有効貯水容量 721,000m3
洪水調節容量 517,000m3


3.気象状況
平成22年10月18日から21日にかけて前線が奄美地方に停滞したことに加え、南シナ海にあった台風13号から非常に湿った空気が前線付近に流れ込んだため、大気の状態が不安定となり、長時間、大雨を降らせる状態が続いた。

そのため、奄美地方では連続雨量が800㎜を超える箇所が多数あり記録的な大雨となった。
日降水量では、奄美市名瀬で20日に622.0㎜となり、明治29年の観測開始以来最大を記録した。奄美市住用町雨量観測局では、時間雨量130㎜/hrを超える降雨が2時間連続で観測され、また、3時間雨量で354㎜を記録し、100年確立規模の1.8倍の降雨に相当し、未曾有の集中豪雨となった。

この豪雨により、島内の県が管理する二級河川のうち、33河川中30河川で外水及び内水氾濫し、約1,300戸に及ぶ浸水被害が発生した。また、各地で58件の土砂災害が発生した。本災害に伴い、死者3名の人的被害が発生したほか、幹線道路の国道58号では39箇所が全面通行止となり、その他水道、電気、電話回線などのライフラインが途絶するなど、島内全域で広範囲且つ甚大な被害に見舞われた。


4.大和ダムの洪水調節状況
【10月18日】
  1. 21時頃から、ダム周辺で雨が降り始め、2日間程度、小康状態が続く。
【10月20日】
  1. 2時頃から降雨量が増加し始め、3時39分には大雨洪水警報が発令されたことから、事務所では洪水警戒体制を配備し、データ監視及び情報収集を開始。
  2. 8時頃から、再び降雨量が増加し始める。
  3. 10時30分からさらに雨足が強まり、40分に流入量が洪水量の6m3/sに達したため、自然調節による洪水調節を開始した。さらに、ダム地点での監視や警報吹鳴、パトロールを実施するため、管理所へ職員を派遣した。(しかしながら、道中の道路冠水や斜面崩壊のため、ダムへ到着できたのは18時過ぎであった。)
  4. 11時~13時にかけて、110㎜/hrを超える降雨が2時間連続で続き流入量が急激に増大。
  5. 13時時点で、流入量はピーク(58.6m3/s)を迎え降下し始めたものの、放流量はなおも上昇し続け、非常用洪水吐から越流のおそれがあったことから、大和村に防災無線による下流域住民へ警報を依頼した。
  6. 14時50分には、貯水位がサーチャージ水位に到達するも、貯水位は依然として上昇を続け、非常用洪水吐から越流し始めた。
  7. ダムを通過する水量も急激に増大し、通過水量は、15時50分までの1 時間の間に15.4m3/sから2.4倍の36.6m3/s(:最大放流量)に増大し、下流河川の計画高水流量12m3/sを大きく上回るものとなった。
  8. 15時50分時点で、放流量が流入量とほぼ等しくなり、以降、放流量及び貯水位ともに降下し始めた(:最大越流深h=0.60m)。
  9. 19時50分には、貯水位がサーチャージ水位を下回り、ダムを通過する水量も12m3/sを下回った。
  10. 23時10分には流入量が洪水量を下回ったことから、自然洪水調節を終了した。


5.大和ダムの効果
今回の洪水調節については、本川大和川がピーク流量を迎える13時00分時点において、上流のダム地点で、ピーク流入量58.6m3/sをダムにより47.4m3/s相当を貯留し、下流へは11.2m3/sしか流さない洪水調節を行った。
そのことにより、三田川において河川水位を1.8m下げる効果があり、また、本川の大和川においても溢水寸前の河川水位を0.4m下げる効果が検証された(写真-10)。
しかし、今回の豪雨は計画の確立規模30年を上回る想定以上の豪雨であったことから、洪水調節容量の限界を超え、貯水位がサーチャージ水位を突破し、15時50分には、支川三田川の計画高水流量(14m3/s)を上回る36.6m3/sの放流となり直下流においては溢水してしまった。
しかし、幸いにも三田川沿川には人家が無かったことから甚大な被害を被ることもなく、また、本川大和川においても、洪水ピーク時から約3時間遅れていることから、本川水位は既に降下しており、溢水することはなかった。


6.周囲の評価
このような未曾有の大規模災害の中、大和川沿川で人的被害が発生しなかったことは奇跡的であり、この危機的な状況の中、被害を減災することが出来た要因のひとつとして、大和ダムの洪水調節による効果があったと思われる。
このことについては、日頃より鹿児島県のホームページにより、ダムの治水効果を公表してきたところであり、今回、マスコミや地元誌に掲載され多大な評価が得られたことから、その一部について以下の記事について紹介する。


7.おわりに
今回の大和ダムの洪水調節の効果が十二分に発揮ができ、今日の大和川の安全と河川環境の保全が保たれているのは、建設に携わった学識経験者、国土交通省、県、設計者、施工者等の御尽力と、ダム事業に対する地元関係者の御理解と御協力、さらに、供用開始以降の適切な管理運用によるものと感じております。この場を借りて関係者の方々に厚く御礼申し上げます。
しかしながら、警戒体制発令後、速やかに管理所まで到達できていないことなど、課題が明白となってきたことから、今回の経験を踏まえ、今後はこれに対応した管理運営を検討・実施するとともに、より質の高い管理がなされるよう取り組みたいと考えている。



プリンタ用画面
前
無人化施工の経緯と今後の課題について
カテゴリートップ
論文
次
大淀川水系激甚災害対策特別緊急事業を終えて