一般社団法人

九州地方計画協会

  • 文字サイズ
  • 背景色

一般社団法人

九州地方計画協会

  •                                        

平成31(令和元)年度 公益支援事業報告書(調査・研究活動)

目     次

1  伝統的水管理施設のEco-DRRとしての可能性に関する研究

九州大学 工学研究院 環境社会部門

学術研究員 寺村 淳

2  土砂災害の「早い察知」を実現する減災IoTシステムの開発

佐賀大学 農学部

准教授 宮本 英揮

3  水質モデルを用いた筑後川水系ダム群連携事業の影響分析(Ⅱ)

佐賀大学 理工学部 都市工学科

准教授 Vongthanasunthorn Narumol

4  1957年諫早豪雨災害の被災地・諫早市の災害伝承の再構築に関する調査

長崎大学 大学院工学研究科 インフラ長寿化センター

名誉教授 高橋 和雄

5  機械学習のアルゴリズムを用いたダム湖アオコ発生予測の検討

鹿児島大学 学術研究院 理工学域・工学系

教授 安達 貴浩

鹿児島大学 大学院 理工学研究科

特任助教 小橋 乃子

6  環境学習型交流に資する宮人川ビオトープ保全計画策定プログラムの開発

日本大学 生産工学部 環境安全工学科

専任講師 永村 景子

上の記事には似た記事があります

すべて表示

カテゴリ一覧