平成28年度 公益支援事業報告書(調査・研究活動)


            目     次

   1  水位の変動による芹川ダム貯水池の底質が下流の水質に与える影響

               大分工業高等専門学校 都市環境工学科
               助教 横田 恭平


   2  河川水と地下水の交流解析と水質形成機構の解明~八坂川を事例として~

               九州大学大学院工学研究院 環境社会部門 
               准教授 広城 吉成


   3  地球温暖化による河川水温変動が水環境に与える影響評価と適応策の検討

               九州大学大学院工学研究院 環境社会部門
               教授 矢野 真一郎


   4  直列配置されたダム群による洪水制御能力の強化に関する研究

               佐賀大学大学院工学系研究科 都市工学専攻
               准教授 押川 英夫


   5  荒瀬ダム撤去によって発生した砂州の形成機構に関する調査・研究

               熊本大学工学部 社会環境工学科
               教授 大本 照憲


   6  先駆的自主防災組織に学ぶ「災害に強い地域づくり」の研究

               九州大学工学研究院
               名誉教授 訪問研究員 小松 利光