平成27年度 公益支援事業報告書(調査・研究活動)


            目     次

   1  芹川ダムでのカビ臭発生原因の特定及びエアレーションの効果の検討

               大分工業高等専門学校
               助教 横田 恭平


   2  九州の豪雨災害に関する災害遺構および災害伝承の調査

               長崎大学 
               名誉教授 高橋 和雄


   3  鶴田ダム貯水池の水環境予測 ~観光資源としての有効な利活用を目指して~

               鹿児島大学大学院 理工学研究科 海洋土木工学専攻
               教授 安達 貴浩


   4  バイオマス発電への流木利用を見据えた流木捕捉対策としての流水型ダムの活用法の開発

               九州大学大学院工学研究院 環境社会部門
               特任助教 橋本 彰博


   5  都市河川における環境改善用水の水源をどこに求めるか?

               筑波大学
               准教授 白川 直樹


   6  耶馬溪ダムの放流水が下流域の水質と生態系に及ぼす影響の調査

               北九州市立大学 国際環境工学部
               教授 原口 昭