トップ  >  水辺だより 九州の川紀行
半島の中央にそびえる雲仙岳と平成新山、その裾野に広がる島原市。独特の地形が海と山の雄大な風景を生む。

取材・文     丸山 砂和
撮  影 スタジオパッション

約200年前の雲仙普賢岳噴火の後に、島原市内には至るところで水が湧き出すようになった。町の中心部から普賢岳の山手に至るまで、市内におよそ60にも及ぶ湧水ポイント。そのおかげで、ゆたかな水に恵まれた町には、水が育むいくつもの歴史や文化が生まれ、情緒あふれる町並みが形成されている。

かつては、島原藩の勢力の源として、庶民の生活の糧として利用されてきた湧水は、今もその暮らしの中にしっかりと根ざし、住民にとって欠かすことのできない”命“だ。

市内を巡ると、あちらこちらに涼やかに水があふれ、そのせせらぎが心地よく耳に響く。青い空や太陽、白く流れてゆく雲を美しく映し出す水の鏡が、あたたかい日射しを浴びてキラキラと輝く、春の島原へ。

生活の中の流れ、観光地を彩る流れ、生きものたちの棲みかを守る流れ。そのどれもが、目に耳に心地よく響く3つの川を巡った、冬の一日。

(2)中央公園
島原市の中心に位置する市のシンボル的な公園で、市民や観光客の憩いの場でもある。広場を中心にして湧水塚や水路などを設け、噴水や手押しポンプなどを設置。いつでものんびりと水に親しめるスポットだ。湧水に関連したイベントなども開催されている。

(3)街中のあちこちに水神様が。

(5)天満神社の水盤

(6)千本木湧水
地元の住民が生活用水や農業用水に利用してきた千本木湧水は普賢岳の噴火によって荒廃。しかし、住民の希望により復旧工事が進み、現在は新しい湧水が完成した。

(8)われん川湧水
災害後、たくさんの市民の手によって見事、復旧したわれん川湧水。周囲は美しく整備され、人びとの憩いの場となっている。


(8)

(4)

(7)ひょうたん池
市内にあるひょうたん池公園は、池の周囲に水と緑の広場、自然散策広場、多目的広場などが設けられた約7.2ヘクタールの大きな公園。

写真提供 = 島原市商工観光課・国土交通省九州地方整備局・雲仙復興事務所

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅