トップ  >  水辺だより インフォメーション

九州地方整備局 河川部では、河川愛護思想の啓発普及を目的として平成14年度より『小・中学生「私たちの川」壁新聞コンテスト』を実施しています。

学校での「総合学習」や夏休みの自由研究の課題等の素材として取り組んでいただくことで、子ども達が今まで以上に、「川と親しみ、川を知り、川や自然を大切に守り育てる気持ちをもってもらうとともに、友達とグループで取り組むことで、みんなでものを作る喜びを感じてもらいたい」という気持ちから取り組みを始め、今年で第5回目の募集を行うことになりました。

現在九州各県、福岡市、北九州市の教育委員会と連携を図り、九州全域の、小・中学校に作品募集の呼びかけを4月から行っています。

発表会場の風景

昨年度の第4回受賞作品について、平成17年12月10日(土)に発表会、表彰式を開催しましたので、ご紹介します。

昨年度の第4回は、九州内全域の小・中学校(4,571校)を対象に4月から9月20日までの期間で募集を行い、小学校196作品、中学校34作品、約970名の子ども達が川と親しみながら、川への思いを壁新聞にまとめてくれました。また、応募校71校のうち、32校が今回初めての参加ということで、少しずつ、この取り組みが浸透していることがうかがえます。

応募作品については、新聞関係者、教育関係者、NPO等の各専門家による審査員より、厳正に審査を頂き、審査を経て決定した受賞作品のうち最優秀賞、優秀賞及び学校賞について、生徒及び先生による発表会と表彰式を開催しました。

発表会では、子ども達が新聞制作を通じて感じた「川」への思いや「川」から学んだことについて元気いっぱいの発表がありました。多くの子ども達が、「川をきれいにしたい」「川で遊びたい」という思いを強く持っているということを改めて感じました。

最優秀賞(小学生の部)を受賞した伊万里市立黒川小学校の生徒達は、「川が洪水のために整備されることは重要である反面、昔のような多くの生き物たちが住む川も身近に感じたい」と発表し、地域に親しまれる川づくりの大切さを感じる内容でした。

一般来場者の方々も子ども達が一生懸命取り組んだ作品や発表を通じて、「川」の大切さや自然の大切さを再認識していただけたと思います。

今後もこのような取り組みを継続していき、各事務所と地域とを繋ぐ連携ツールとして活用していきたいと考えています。

小学生の部表彰式

中学生の部表彰式

小学生の部最優秀賞を受賞した佐賀県伊万里市立黒川学校の発表

中学生の部最優秀賞を受賞した熊本県熊本市立北部中学校の発表

※第4回壁新聞コンテスト受賞作品については、「作品集」を作成していますので、必要な方は、河川部 河川管理課(施設管理係)までご連絡ください。
九州地方整備局 河川管理課 施設管理係 
TEL092-471-6331

佐賀県 伊万里市立黒川小学校
「リバーウォッチング」

長崎県 諫早市立長里小学校
「耳をすませば 長里川版」

熊本県 人吉市立田野小学校
「川や生き物そして私たちのために」

熊本県 熊本市立北部中学校
「大切な川」

鹿児島県 上屋久町立永田中学校
「永田川from世界遺産の島 屋久島」

宮崎県 延岡市立熊野江中学校
「川、守り隊」

プリンタ用画面