トップ  >  水辺だより
(写真提供 : 国土交通省 九州地方整備局 武雄河川事務所)

取材・文  丸山 砂和
撮  影  伊藤 義孝
長谷川 恵一

佐賀県西部、伊万里・武雄・多久の3つの市にはさまれるようにそびえる八幡岳。牛津川の源流は、この山の麓にある。山で生まれた清水は多久市を経て小城市を通り、佐賀平野をうるおしながら六角川に合流し、有明海へと注ぐ。

全長29.1km,流域面積165.6km2。決して大きな川ではないが、他の河川にはない、いくつもの特長を備えている。

豊かな自然を育み、人々の暮らしを支える源流域のおだやかな顔、その土地柄ゆえに何度も氾濫を起こすこととなった中・下流域でのいまわしい歴史、そして干潟の生きものを育む河口周辺の個性的な表情。

米どころ・佐賀を支える牛津川。今年も秋の収穫を迎え、その流れをいっそう輝かせている。

1)夕日に美しく輝く、牛津川中流域

2)流域でのんびり羽を広げるシラサギ

3)漁船が連なる六角川河口堰付近

4)河口付近に架かる住ノ江橋。有明海を行き来する船が多く見られる

5)河口では漁船が海風にゆらゆら揺れている。上の方に見えるのが河口堰

6)晴気川上流域の、おだやかな流れ

7)河口に広がる干潟では、こんなイベントも

 

 

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅