トップ  >  水辺だより
8) 逆T字になって、川内川に羽月川が合流する。

取材・文  春野洋治郎
撮  影  石川  清人

北薩摩を竜のようにくねりながら東西に横断する川内川は、滝、湖、湧水、温泉など川の至る所ですばらしい景観と恵みをほどこしている。その大河の上流域で支流となって分岐する羽月川は全長17km、大口市をほぼ南北方向へ貫く。つまり、大口市では川内川と羽月川が逆さのT字形にクロスし、この二つの川沿いに平地がひろがっている。

羽月という地名は戦国時代の古文書に登場し、羽月城という城が築かれていたという。藩政時代には薩摩藩の直轄地となり、羽月城下には麓という武士集落があって、中心には地頭仮屋が置かれていた。こうした武の国・薩摩を象徴するような歴史とともに、流域一帯は昔から伊佐米の産地として名を馳せてきた。研ぎ澄まされたような青く澄んだ空の下に緑の稲がすくすく育ち、清冽な水がとうとうと田んぼをうるおしている。

1)大口市街地に近い轟公園は、親水施設が整備され、子どもたちの歓声が川面に響く。

2)十曾川の両岸には、深く濃い緑が続き、緑陰の中を清流が走っている。

4)清らかな水をたっぷりと貯え、まわりの緑を湖面に映す、おだやかな十曾池。

5)近年、改修工事が行われ、美しく生まれ変わった、湖水の調整をする十曾池堰。

6)川内川と羽月川が合流する場所の河岸にはいこいの広場がひろがっている。

7)毎年9月には、羽月川でEボート大会が開かれる。

3)4段になって流れ落ちる様は、白蛇がくねっている姿に見える奥十曾渓谷の白蛇の滝。

 

 

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅