トップ  >  水辺だより インタビュー

伝習館高等学校卒業、福岡学芸大学中学課程理科専攻卒業後、中学校理科教師へ。昭和50年(1975)に全国ホタル研究会に入会し研究に着手。柳川の矢留中学校や柳城中学校でヘイケボタルの人工飼育を成功させ、文部省や福岡県より奨励される。平成3年(1991)に故郷の三潴郡に転任。平成7年(1995)よりホタルの復活と研究を復活。現在、環境省環境カウンセラー(市民部門)、全国ホタル研究会理事、科学技術振興事業団サイエンス・レンジャー、堀と自然を守る会副会長、三潴郡大木町環境審議会委員、同循環のまちづくり委員会委員、大木サイエンスクラブ指導者。66歳。

取材・文/西島 京子

大木町石丸山公園で水質調査する子どもたち

 

石丸山公園のホタル生息地

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅