トップ  >  水辺だより
テレビの中継塔が並ぶ鰐塚山頂からは田野の町が手にとるように見える

取材・文  春野洋治郎
撮   影  伊藤  義孝

気候や自然が穏やかで、住む人もどことなくのんびりとしている宮崎県。清武川は、そうした宮崎の良さを象徴するように、鰐塚山の中腹から田野町、清武町を抜け宮崎市の南部に達し、日向灘へとそそいでいる。豪快にしぶきを上げる滝もなければ、流れの速い瀬もあまり見かけない全長29・5 の川は、ゆっくりとゆったりと流れている。川の両側にはおおらかな田園風景が広がり、人々は畑仕事に汗を流している。

清武川は農業や工業発展の基礎をつくるなど、地域に与える恩恵ははかりしれないものがある。また、清武川の豊かな水は水力発電用のエネルギーとなり、宮崎のまちに初めての電気の灯りをともした。そして、人々はそうした歴史に学び、時に改修を施したり、よりいっそうの浄化や美化に取組んでいる。川と暮らしのいい関係を続けていこうという努力も、川の流れのようにとどまるところを知らない。

源流に近い鰐塚山の中腹では渓谷となって流れ落ちる(田野町)

わにつか渓谷いこいの広場(田野町)

川面にカラフルな列車を映して(田野町・下屋敷付近)

中流域で清武川と黒北川が合流(清武町)

川の終点は日向灘の大海原(宮崎市)

高速道路の下を通って、広々とした田野の大地へ(田野町)

清武川河口付近(宮崎市)

河口近くからも鰐塚の山々が望める(宮崎市)

 

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅