トップ  >  水辺だより
干潮時には、河口から守江湾にかけて無数の生きものが生息する干潟が出現。

取材・文  丸山 砂和
撮  影  伊藤 義孝

大分県北東部・国東半島の南のつけ根に位置 する杵築市は、情緒あふれる城下町の町並み が美しい、県内の代表的な観光地だ。市を東西に流れる八坂川は、流路延長29.8km、流域面積 147.7km2。山香町と日出町の境目あたりに 源流を持ち、河口には、地域のシンボルである杵築城が雄々しい姿でそぴえ立つ。

確かに流域は緑が多く、自然の姿をそのまま残 しているところは印象的だが、一見、他の河川と変 わらず、特別どうということのない、ごく普通の川にしか見えない。が、実はこの川は、たくさんの 生きものたちの宝庫で、現在は全国レベルで注 目されている。そして地元の人たちは、そんな八坂川を、「おいしいものがいっぱいの川」だと誇る。

河口域

山香温泉

赤松橋

大分農業文化公園

立岩川河川公園

大左右の沈み橋

ハマボウ

海水に満たされた満潮時の河口

石畳がのびる勘定場の坂

杵築城

羽門の滝

 

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州風景街道


九州の道の駅