トップ  >  水辺だより 水辺の取り組み

大分川は大分県湯布院町由布岳を源とし、芹川、七瀬川等の支川を合わせ大分市において別府湾へ注ぐ、幹川流路延長55km、流域面積650km2の一級河川であり、沿川地域は昭和28年、32年及び平成5年等の大きな出水が発生していることから、河川整備事業を実施しています。

大分市市地区は大分川支川七瀬川の本川合流点から3.0km~3.6kmに位置し、川の蛇行と堤防の未改修により被害を受けていたため、川の蛇行部をショートカットし洪水被害の軽減を図るため、市捷水路事業が実施され平成8年度に完成しました。

市地区周辺は、県都大分市において良好な水質と水辺環境に恵まれた貴重な河川空間を有しており、右岸は自然環境豊かな霊山、また田尻ニュータウン等の郊外型住宅団地が整備され、左岸は大分市新都心として稙田タウンを中心に文教施設、病院等が整備されていることから、旧河川を環境保全等の観点から廃川せず整備を行いました。また、大分市においても、新旧河川に囲まれた地域及びその周辺の自然環境を最大限に生かしながら、親水性のある多目的空間として有効利用するため「七瀬川ふるさとの川整備事業」(七瀬川自然公園)により市民のスポーツ・レクリエーション需要に対応できる地域と一体となった街づくりを行いました。

現在、七瀬川自然公園は、多くの市民に憩いの場として利用されており、中でも大分市最大のイベントである火群祭りも平成12年より毎年開催されています。

旧川で遊ぶ子供達

せせらぎ水路での水遊び

プリンタ用画面