トップ  >  水辺だより インタビュー

大正15(1926)年、鹿児島県名瀬市生まれ。昭和18年鹿児島県立大島中学校(旧制)卒。同年鹿児島測候所入所。昭和26(1951)年中央気象台気象官吏養成所(専修科)卒。以後九州管内の気象官署を歴任。脊振レーダー勤務ほか、鶴見岳、開門岳、雲仙岳の火山観測を行う。昭和61(1986)年福岡管区気象台を退官。現在、武・田上公民館主催の「田上川調べ歩き講座」の講師として活躍中。鹿児島市の自然環境指導者も兼任。78歳。

取材・文/西島 京子

「田上川調べ歩き講座」で子どもたちから質問を受ける内村さん
プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅