トップ  >  水辺だより インフォメーション

記念講演の赤星たみ子さん

オープニングテープカット

アトラクション
「高千穂神楽」を上演

経 緯

平成15年8月1日~3日に宮崎市において、水環境フェア2003in宮崎が開催されました。このフェアは、全国の一級河川109水系すべてにおいて「水質汚濁防止連絡協議会」が設置されたのを記念して平成3年度より毎年8月に開催されており、今回で13回目、九州では平成6年に熊本県玉名市で開催されて以来2回目となります。

No. 開催期間 担当 開催場所 備考
1 H3.8.2 関東 東京都 全国報告、記念講演(Fモレシャン)他
2 H4.8.5 近畿 大阪府大阪市 全国報告、記念講演(露の五郎)
3 H5.8.6 東北 宮城県石巻市 全国報告、記念講演(嵐山光三郎)他
4 H6.8.4 九州 熊本県玉名市 全国報告、記念講演(光岡明)他
5 H7.8.3 北陸 富山県富山市 全国報告、記念講演(見城美枝子)他
6 H8.8.6 中国 岡山県岡山市 全国報告、記念講演(北野大)他
7 H9.8.8 中部 愛知県名古屋市 全国報告、記念トーク(柳生博、宮崎淑子、小野寺重幸)他
8 H10.8.7 四国 愛媛県松山市 全国報告、記念講演(吉村作治)他
9 H11.8.2 北海道 北海道札幌市 全国報告、記念講演(みなみらんぼう)他
10 H12.8.2 関東 埼玉県大宮市 全国報告、記念トーク&ライブ(タケカワユキヒデ、遠藤久美子)他
11 H13.8.2 近畿 兵庫県神戸市 全国報告、記念講演(畑正憲)他
12 H14.8.1 東北 宮城県仙台市 全国報告、記念講演(さとう宗幸)他
13 H15.8.1 九州 宮崎県宮崎市 全国報告、記念講演(赤星たみ子)他

水環境フェア2003in宮崎 開催スケジュール

項 目 7/26(土) --> 7/31(木) 8/1(金) 8/2(土) 8/3(日) 概 要
プレイベント 写真絵画コンクール他
オープニング
セレモニー
会場 水辺の楽校
時間 10:00~11:00
内容 オープニングセレモニー
水辺の写真・絵画展表彰式
分科会A
会場 市民プラザ4階大会議室
時間 9:30~11:30
内容 全国の市民団体の活動報告、座談会
分科会B
会場 大淀川学習館
時間 14:30~16:30
内容 全国の子供たちの活動報告、座談会
分科会C
会場 市民プラザ4階ギャラリー
時間 9:30~11:30
内容 全国の水対協の首長による活動報告
水環境フェア
シンポジウム
会場 市民プラザ(オルブライトホール)
時間 13:00~17:00
13:00ーオープニング上映
13:05ー開会あいさつ・祝辞
13:20ー記念講演
14:50ーアトラクション「高千穂神楽」
15:10ー分科会リポート
15:30ーパネルディスカッション
16:40ー引継ぎセレモニー
17:00ー終了
ホールイベント
会場 MRTmiccダイヤモンドホール
時間 10:00~17:00
内容 大淀川流域物産展水と食のイベント
環境ブース
水環境ラジオ
スペシャル
会場 MRTmicc他
時間 9:00~17:00
内容 大淀川流域の施設研修レポート
水環境フェアのリポート
現地見学会
会場 9:00~12:00
コース 綾町

◎開催者挨拶:宮崎市長
◎来賓祝辞 国土交通省河川局河川環境課 流水管理室長 小泉 勝
宮崎県生活環境部次長 本部 和敏

講 師 赤星たみ子(漫画家、エコロジスト)
テーマ 「ゴミを減らしておしゃれ生活」

講演要旨:「必要に迫られたゴミ減量」

3R:リデュース(減らす)リユース(再利用する)リサイクル(再資源化)は一般的に知られているがもう1つのRとしてリヒューズ(断る)を実践している。「地球にいいヤツになろう。」家庭のゴミを減らすための努力としてレジ袋をもらわない。果物や野菜はばら売りのものを探して買う。生ゴミは処理機を使って庭に埋める。など「せっけんは地球の贈り物」 合成洗剤を使わず、洗濯石鹸をお湯で溶いたもの(とろとろせっけん)を使って、食器洗い、ガスレンジ、トイレ掃除を行っている。実体験を交えながらの講演に聴衆も聴き入っていました。

テーマ
水が活きる、人が粋る、かわづくり、まちづくり」
進行役:宮崎大学教授 杉尾 哲

パネラー
宮 崎 市 長 津村 重光
国土交通省河川局流域治水調整官 河瀬 芳邦
五ヶ瀬川流域ネットワーク 土井 裕子
霧島酒造株式会社代表取締役 江夏 順行

内容要旨:分科会の報告を受けて、産官学民の方々によるパネルディスカッションが行われました。パネラーからは、昔の川から今の川への変遷から始まって、環境学習への取り組み、NPOの取り組み、企業の取り組みなどパネラーの思い出や、日頃取り組んでおられることなど報告、情報交換があり充実した内容となりました。まとめとして、「今後、住民、行政、NPO、学識経験者の関係をいかに組み立てていくか。大淀川の水をきれいにして次の世代に渡すためにみんなが関心を持って連携して行くことが大事である。」ことを確認しあいました。

◎宮崎宣言:宮崎市立小松台小学校
◎引き継ぎセレモニー
・宮崎市立小松台小学校
・新潟コカリナの会 新潟市都市整備局長 荒井進

パネルディスカッション

宮崎市立小松台小学校による宮崎宣言

進行役
五ヶ瀬川流域ネットワーク理事長 土井 裕子

出演団体
岩手県 水環境ネット 千坂 峰
石川県 木場潟を美しくする会 北 清種
長野県 リサイクルシステム研究所 田中 賢明
三重県 いがうえの大戸川生活排水浄化パートナー協議会 涌嶋佐知子、山田 晴美
宮崎県 宮崎市の水を考える会 坂本 正典

分科会ーAの会場

進行役
アナウンサー 萩原 望

出演団体
山形県 遊佐町立西遊佐小学校
福井県 武生市立王子保小学校
広島県 三次市立青河小学校
高知県 中村市四万十未来2050
宮崎県 宮崎市立小松台小学校

内 容
子供たちは、川にどのようなイメージを持ち、どのような川にしていきたいのか、子供たちが環境学習で学んでいることや体験に基づき、川をきれいにするため、川で遊ぶためにどのようなことができるのかを話し合いました。

分科会ーBの会場

進行役
国土交通省河川局河川環境課 課長補佐 宮藤 秀之

出演団体
岩手県 水沢市長 後藤 晨
広島県 向原市長 眞田 良三
愛媛県 大洲市 桝田 與一
宮崎県 都城市長 岩橋 辰也

内 容
第3回世界水フォーラムが日本で開催され世界の水環境の深刻さを目の当たりにした今、今後の水環境に関わる関係行政機関のあり方、及び水質汚濁防止対策連絡協議会のあり方について議論しました。

分科会ーCの会場

お問い合わせ

※詳しくは、水環境フェア2003in宮崎開催報告パンフレット及びホームページにて紹介しております。
国土交通省九州地方整備局 河川部河川環境課
TEL092-471-6331
国土交通省九州地方整備局 宮崎河川国道事務所 占用調整課
TEL0985-24-8221
ホームページ http://www.mizu-miyazaki.jp(ホームページは終了しました)

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅