トップ  >  水辺だより モニター会議

平成14年で9回目の「水辺だより」モニター会議は、宮崎市で開催された。現地見学は知福川と大淀川学習館、水辺の楽校、それに大淀川市民緑地、橘公園で、多自然型川づくりと親水型河川の実態をつぶさに観察することができた。今回はモニターの福岡県の下川要さん(牛頸ホタル部会)と大分県の大村和代さん(ゆずり葉)の2人の初参加のもとに、これからの「水辺だより」のありかたと、河川に対する意見が熱く交換れ、有意義な会議となった。

参加モニター(一般読者・敬称略)

福岡県   天本 豊子 21世紀の河川を考える会
福岡県 下川  要 牛頸ホタル部会
大分県 大村 和代 ゆずり葉
宮崎県   川口 道子 「月刊情報タウンみやざき」刊行
鹿児島県   山野 真理 鹿児島県水域美化推進協議会
熊本県   川野由紀子 くまもと川の女性フォーラム
佐賀県   山田 洋子 こどもECOクラブ
長崎県   宮本 秀利 島原ボランティア協議会

宮崎県の渡辺孝明河川課長が、宮崎県が豊かな自然と歴史に恵まれた観光県を目指していることを紹介。さらに「水辺だより」58号の一ッ瀬川の写 真が子どものころ親しんだ場所だったことに感激し、今後もこのような企画と編集を続けてほしいとあいさつした。

宮本「NPO法人島原ボランティア協議会」、「雲仙百年の森づくり」、「全国の災害救援ボランティア」の代表等を務める。雲仙普賢岳の災害を通して、川の怖さも教えるべき。「水辺だより」のすばらしい写真を、教育の一環に使う運動もするべき。川を守るために行政間の連携をお願いしたい。

山田「こどもエコクラブ」で環境の勉強を手伝い、子どもに昔のような川を戻してやりたいと活動。「水辺だより」は写真がすばらしい。60号から見やすくなった。夏の付録は子どもたちに喜ばれた。

川野「くまもと川の女性フォーラム」の活動と、「Hand to Land」の編集にかかわっている。「全国お宮さんの川サミットinくまもと」を開催。今後は熊本の水循環の問題にもっと力を入れたい

天本川にかかわって数十年。昨年から子どもと共に川で水生生物調査などをしている。機会あるごとに若い女性に川と水の大切さと国の施策をかみ砕いて説明している。「水辺だより」は非常に参考になっている。

山野「鹿児島県水域環境美化推進協議会」や、「水のえがおの会」で水に関する活動をしている。水の大切さを子どものうちから考えてもらうために、キャンペーンを続けていきたい。水の活動に関する県内のネットワークづくりを始めた。「水辺だより」は写真が美しく内容が豊富でイラストも効果的。川のいい面だけでなく、悪い面も取り上げてみたらどうか。

大村「ゆずり葉」という会で子どもたちに美しい日本を伝える活動をしている。江本勝さんの本で、言葉で水の波動が変化するということを知り、きれいな言葉や思いを伝えることが大事、と子どもに伝えたい。「水辺だより」は初めて見たが、もっと多くの人に見てもらいたい。

下川18年前からホタルを守る活動をしている。「水辺だより」には、川の自然の掟も紹介してはどうか。川と田んぼの関係を生き物のために正常に戻してほしい。川の名前のいわれも知りたい。

川口耳川の地名を考える会に参加し、川に依存した生活の面白さを追求したい。「水辺だより」は第一級の出来だが、川周辺の人をもう少し出してほしい。親水活動が盛んになっていい時代になった。利水という部分も知りたい。

全体の意見
●「水辺だより」の写真が素晴らしい。60号から読みやすくなった。
●多自然型川づくりと自然再生事業には、地域の人の力が求められる。今後に期待したい。
●「水辺だより」を通して、子どもたちの水への意識を変えていきたい。
以上のような、さまざまな意見が出されました。
今後は、モニター会議で出された貴重な意見を、編集部で検討し、本誌に反映させていく予定です。モニターの方々に心から感謝いたします

午後1時30分に集合し、最初に「こどものくに」の中を流れる地福川を見学。多くのモニターが「ここが川だったなんて知らなかった」と言うほど、知福川はリゾート地の景色に溶け込んでいる。

4年7月16日にオープンした「水辺の楽校」と共にリニューアルオープンした大淀川学習館には、すでに9万人が来場している。原生林やじゃぶじゃぶ池のある水辺の楽校を見学した後、大淀川市民緑地と橘公園に行き、多くの人々が大淀川に親しんでいる様子を見学した。

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州風景街道


九州の道の駅