トップ  >  水辺だより

取材・文  丸山 砂和
撮  影  諸岡 敬民

九州の東岸、大分県の南東部に位置する臼杵市。昨年12月末、悲願の東九州自動車道が開通したことで福岡市内からでも約2時間圏内となり、いま、もっとも注目を集める街である。今回訪ねた臼杵川は、臼杵市のほぼ中央を貫流し、九州と四国とを隔てる豊予海峡に向かって湾口を開いた臼杵湾へと注ぐ2級河川である。

流路18.214km、流域面積90.70km2。臼杵の中心市街地は3本の川(臼杵川、熊崎川、末広川)が集まる河口部に広がっているが、このあたり、古くは海岸線が陸地深くまで入り込んだリアス式の天然の良港で、陸海交通の拠点であったという。この地形を生かし、1562年、薩摩の島津氏と覇を競った大友宗麟が城を築いて以来、臼杵は城下町として栄えてきた歴史を持つ。国宝「臼杵石仏」をはじめ、城下町ならではの見どころも多い臼杵市。 新緑かがやく初夏の一日、臼杵の歴史と文化を育んだ母なる川、臼杵川をたどった。

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅