トップ  >  水辺だより シリーズ

川の周辺の開発状況

蛇行した川の直線化

かつて、ふるさとの川は、流れのままにゆるやかに蛇行し、瀬や淵をはじめ、周辺には多くの生き物や植物が生育する湿地や河畔林などの豊かな自然があり、人々にうるおいと安らぎを与える場所でした。

しかし災害が起きやすい日本では、洪水から人々の生命や財産を守るため、効率的に川の整備が進められてきました。川はコンクリートで固められた直線的な空間となって川幅も狭められ、周辺の湿地は農地や住宅地、工場地として開発されてきました。さらに汚水流入による水質の悪化、水需要の増大による水量の減少で、生き物も人も寄りつかない場所へと変化してしまったのです。

21世紀のいま、環境保全は地球規模の課題です。成長、拡大だけを目指してきた20世紀の経済や消費生活を見直し、自然にダメージを与えない、持続可能な資源循環型・自然共生型社会への転換が急がれているのです。このような社会情勢を背景に改正された河川法では、新たに「河川環境の整備と保全」という目的が加えられました。また平成13年、首相主宰の「21世紀"環の國"づくり会議」でも、自然と共生する社会の重要性が指摘されました。

私たちはいま、かつての美しい川の環境を再び取りもどさなければならない時期に来ています。

湿地が、国土面積に占める割合は0.2%ですが、湿地環境に依存している絶滅危惧種は、鳥類5種、維管束植物190種(鳥類、維管束植物の絶滅危惧種のそれぞれ約2割)を数え、生物多様性を保全する上で、湿地は重要な役割を果たしています。

一方、日本の湿地面積の内、河川及びその隣接地に存在する湿地面積は全湿地面積の約8割です。河川と関連して存在するこれらの湿地は明治・大正期以降、土地利用の高度化に対する要請などによって約8万haが減少しており、今後いかに保全・再生していくかが大きな課題となっています。

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅