トップ  >  水辺だより インタビュー

1949年熊本県熊本市川尻生まれ、52歳。高校を卒業後1年間川尻を離れ、19歳で帰郷。1970年川尻の町を元気にしたいと活動を開始。仲間とイベントなどを仕掛けた後解散。1983年に発足した「川尻を考える会」で活動を再開。以後、さまざまな活動を続けている。「加勢川流域懇談会」座長。「緑川の日」実行委員会事務局。「熊本県文化協会環境部会」世話人。地域づくり団体熊本県協議会コーディネーター。緑川の遊び人、緑川に千年棲む河童「加勢貫太郎」と数々の異名を持つ。H20有限会社むらた代表取締役専務。

取材・文/西島 京子

毎年2万人以上の参加者がある「緑川の日2000」の清掃作業風景

「川の体験学習」でホテイアオイに乗って遊ぶ子どもたち

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅