トップ  >  水辺だより インフォメーション

本明川・鉄道橋 諫早市立諫早小学校

判田川・昆布刈橋 判田中学校

立小野川・五反田橋 大分南高校

河川の中にさまざまな生物が生息していますが、特に川底に生息する生物は、過去から調査時点までの長時間の水質の状況を反映した結果でもあります。

したがってどのような生物が生息しているかを調べることによって、その地点の水質の状態を知ることができます。この調査は適切な指導者のもとであれば、小中学生、高校生、一般の人々でも簡単にできるようになっています。

調査を通じて広く多くの方 々が川に親しみ、川を理解し、河川愛護や水質浄化などへの関心を呼び起こすきっかけにしていただければ幸いです。

  • この調査法は川にすむ「肉眼で見ることのできる大きさ」の様々な生物を調べ、その結果から川の水質の状態を知ろうとするものです。
  • 水生生物調査は、水質のきれいさの程度に対応してすんでいる水生生物を指標として水質の状態を知ります。

本庄川 水の郷ほたる橋付近

九州地方における水生生物の概要

九州地方整備局管内20水系53河川において、昨年に引き続き水生生物調査を小、中学校、高校、一般の63団体2,042人の参加を得て、106地点について実施しました。その結果、指標生物だけでみても、きれいな水に生息するカワゲラから大変きたない水に生息するセスジュスリカまで多くの種類の生物を確認できました。これらの指標生物により、各調査地点の水質階級をまとめると、全調査地点の52.8%が「きれいな水」、34.9%が「少し汚れた水」、12.3%が「きたない水」と判定され、「大変きたない水」と判定された地点はありませんでした。

プリンタ用画面

サイト内検索
防災情報


防災情報提供センター


川の防災情報

みち情報


道守九州会議


九州とるぱ


九州風景街道


九州の道の駅